よくある質問③ 治療案内



o0800053213442090392.jpg


o0605008813442060754.png



1. ヘルニアの場合、治療期間はどのくらいかかりますか? 

 体質や症状、原因によって個人差はありますが、一般的な例では、
 3-5ヶ月の間に治療を10-20回、また韓方薬を4-6ヶ月間程度服用していただきます。

 疾患の原因が老化にある場合は個人差はありますが、
 4-6ヶ月間の韓方薬療法による集中治療を行います。


2. 薬物療法を併行しなければならない理由は? 

 椎間板に腫れや炎症がある状態で推拿治療だけを行った場合
 曲がった骨が矯正されたとしても、
 腫れた椎間板が神経を刺激する痛みは簡単にはなくなりません。
 薬物療法には椎間板の腫れや炎症を鎮め、痛みを軽減する効果があります。
 また、筋肉や靭帯を丈夫にし、矯正治療効果を高め、再発も予防してくれます。 


3. 治療中に痛みがひどくなったのですが。 

 初めて治療を受けた場合や治療中に痛みがひどくなる場合があります。
 このような症状は、椎間板が腫れたままの状態で骨の矯正を行うため、
 椎間板に刺激が生じて起こる一時的な症状です。
 治療初期に生じる一時的な痛みは、大体10日も過ぎれば自然となくなります。
 痛みがひどい場合には一旦推拿治療を中断し、
 薬の服用だけで二週間ほど様子を見ます。
 それから再び推拿治療を始めれば、その頃には腫れがおさまり痛みも軽減されます。





 

それでは今日はここまで!さようなら星star*
 
矢印 お問合せはこちら

自生韓方病院 日本語担当 べ・ジョンヒョン

TEL: +82-2-3218-2106 携帯番号: +82-10-2214-2106
日本国内番号: 03-4400-0840 E-MAIL: jasengjp@naver.com
リアルタイム問合せ対応 LINE/KAKAOTALK ID: JASENGJP


もっと詳しい情報はこちら! 自生韓方病院・日本語ウェブサイト

■ 関連リンク:日本語ページ


自生韓方病院ホームページ:http://jaseng.jp
自生韓方病院YOUTUBE:www.youtube.com/jasenghospitaljapan
自生韓方病院アメブロ:http://ameblo.jp/jaseng
自生韓方病院Facebook:www.facebook.com/jasengjp
自生韓方病院モバイルサイト:http://jaseng.mobi 
脊椎ヘルニア・腰ヘルニア・腰痛・腰の痛み・頸椎ヘルニア・首ヘルニア 首のヘルニア 腰のヘルニア
椎間板ヘルニア・ヘルニア・首の痛み・椎間板ヘルニア・脊椎管狭窄症
・狭窄症・退行性・手術・後遺症・脊椎分離症・すべり症・側湾症・肩こり・首こり・無手術・韓国・韓方・病院・治療・完治・漢方・花粉症・対策・花粉症対策・黄砂・黄砂対策・大気汚染・


 

댓글

비공개 댓글

트랙백